に投稿 コメントを残す

トレーニング用品で肩や肘の故障を防ぐ時代!

肩や肘の故障を防ぐためには、適切なトレーニングと予防策が必要です。以下に、特に肩や肘に焦点を当てた野球トレーニング用品や方法について詳しく説明します。

  1. Resistance Bands(抵抗バンド): Jバンド
    • 抵抗バンドは、肩の強化や柔軟性向上に効果的です。内外転、伸展屈曲、肩甲骨の動きなどをトレーニングすることで、肩の安定性を向上させ、故障のリスクを軽減できます。
  2. Shoulder Tube(ショルダーチューブ): ショルダーチューブ
    • ショルダーチューブは、肩の安定性を向上させるために使われます。これにより、肩関節の運動範囲を改善し、投球時の負担を分散させることができます。
  3. Medicine Balls(メディシンボール): キングオブザヒル
    • メディシンボールを使ったトレーニングは、全身のコア強化やスローイングモーションのトレーニングに適しています。安定したコアは、肩や肘にかかる負担を軽減するのに役立ちます。
  4. フォーム矯正用トレーニングボール: ロープトレーナー
    • 特に投手向けに開発されたトレーニングボールは、正しいフォームや投球メカニクスを習得するのに役立ちます。これにより、肩や肘への負担を最小限に留めることができます。
  5. アイスボールやクールダウン用品:
    • 練習や試合の後にアイスボールやクールダウン用のアイテムを使用することで、肩や肘の炎症を軽減し、怪我の回復を促進できます。
  6. ジャンプロープやアジリティコーン:
    • 全身の動きや反応力を向上させるトレーニング用具も重要です。特にアジリティコーンは足の動きをトレーニングし、フィールディングやベースランニング時の急激な動きに対応する力を養います。
  7. プレートウェイトやディップバー:
    • 肩や肘だけでなく、上半身全体を強化することも重要です。プレートウェイトやディップバーを使用して、トータルな筋力を養いましょう。
  8. 専門のフィジカルセラピストやコーチの指導: レジースミス・オンライン・アカデミー投球編
    • プレーヤーは定期的に専門のフィジカルセラピストやトレーニングコーチの指導を受けることが重要です。個々のプレーヤーの身体状態に合わせた効果的なトレーニングプログラムを作成できます。

これらのトレーニング用品を使った総合的なアプローチは、肩や肘の強化だけでなく、全身のバランスとコアスタビリティを向上させ、野球での怪我の予防に貢献します。プレーヤーはトレーニング前に医師や専門家に相談し、適切なプログラムを確立することが大切です。

RHKトレーディングINC.の野球トレーニング用品や動画を是非、お試しください。

に投稿 コメントを残す

今永昇太投手の成功を支えたキネティックアーム

今永昇太<横浜DeNA>がシカゴ・カブスと契約、見事にメジャーリーガーとなりました!
それまで非常に怪我が多く、肩の手術、上腕の肉離れなど、コンスタントに活躍をすることが難しい期間が続いていました。しかし、下記の記事にもあるように、藁にもすがる思いでキネティックアームをRHKトレーディングInc から自費で購入してから故障がなくなり、WBCでも決勝戦に先発するなど、大きな活躍をしました。もともとテイクバック時に、背中の後方に肘が入るところがあるために、肩への負担が大きくなっていました。また、振り遅れる腕をカバーするために代償運動が起こり、さらに大きな負担が上腕に掛かっていたと推測します。
これからもキネティックアームを使用して、メジャーリーグでの活躍を祈願しております。

 

に投稿 コメントを残す

野球トレーニングに必要な要素とは?

優れた野球選手になるためには、そのトレーニングには多くの要素が関わり、総合的かつ効果的なプログラムを構築するためにこれらの要素を組み合わせることが重要です。以下に、野球トレーニングに必要な主要な要素について詳しく説明します。

  1. 基本的な技術の向上: 野球の基本技術は打撃、投球、フィールディングなどが含まれます。トレーニングプログラムにおいては、適切なフォームや動作の修正を行い、各プレイヤーが基本技術を向上させることが求められます。個別に選手の強みや課題を把握し、適切なアプローチを取ることが重要です。また、効果的なドリルを反復的に取り入れることで、技術が向上を促します。
  2. 身体的なコンディショニング: 野球は全身を使うスポーツであり、選手は動きやすく、力強い身体を維持する必要があります。トレーニングには脚力、コアトレーニング、全身の筋力強化が含まれます。定期的な身体検査を通じて、選手の体力や筋力の向上状況を把握し、トレーニングプログラムを最適化します。
  3. スピードと敏捷性の向上: 野球ではベースランニングやフィールディングの瞬発的な動きが求められます。スプリント、コーンドリル、アジリティトレーニングなどを通じて、選手のスピードと敏捷性を向上させます。これにより、プレーの迅速な反応が可能になります。
  4. 筋力トレーニング: 投手や野手など、ポジションごとに必要な筋力が異なります。特に肩や腕の強化は投手にとって重要です。適切な重量のトレーニングやバランスを考慮した筋力トレーニングを導入し、選手のパフォーマンス向上を図ります。
  5. 柔軟性トレーニング: 怪我予防やパフォーマンス向上のために、柔軟性トレーニングが欠かせません。ストレッチやヨガなどを取り入れ、関節の可動域を広げ、選手の柔軟性を向上させます。
  6. メンタルトレーニング: 野球はメンタルな強さも求められます。プレッシャーの中で冷静さを保ち、ポジティブなマインドセットを持つためのメンタルトレーニングが必要です。集中力向上やストレス管理の技術を磨くことが重要です。打撃や投球の正しい考え方を身につけることで本来のパフォーマンスを発揮できるようになります。
  7. 戦術的な理解: チーム全体での連携や個々のポジションの戦術的な理解も欠かせません。相手チームの特徴やゲームの進行に応じて適切なプレーを行うために、戦術的な理解を深めるトレーニングが必要です。ルールを熟知することは非常に重要なことになります。
  8. 栄養と休息: 適切な栄養摂取と十分な休息は、トレーニングの成果を最大限に引き出すために不可欠です。バランスの取れた食事や十分な水分補給、十分な睡眠を確保することで、選手の身体の回復力が向上します。日本では練習時間が長過ぎることによる疲労が故障に繋がるケースが多くなります。適切な休息を取ることが自分を守るために非常に大事になります。

これらの要素を組み合わせ、個別の選手の特性やニーズに合わせてトレーニングプログラムを調整することが重要です。継続的なモニタリングと柔軟な調整を行いながら、野球選手の総合的な能力向上を図ります。

代表 滝口

に投稿 コメントを残す

昔とは違う!野球を動画で学ぶ有効性とは?

野球を学ぶ手段が昔と比べて動画を中心に変化していることには、多くの有益な側面が存在します。特にコロナ禍以降から遠隔指導や動画教材で学ぶことで想像以上の効果が得られることを知った方々は多いのではないかと思います。
以下に、その有効性について詳しく説明します。

1. 視覚的理解と学習の促進

動画は視覚的な情報を提供し、プレーの動きやテクニックを生で見ることができます。これにより、言葉だけでは伝えきれない細かいポイントや動作のニュアンスを理解しやすくなります。特に初学者やビジュアルラーナーにとっては、動画を通じた学習が効果的です。

2. リアルタイムでのフィードバック

動画は何度も繰り返し視聴できるため、自分のプレーを詳細に分析し、改善点を見つけることができます。また、オンラインコーチングやフォーラムを通じて他のプレーヤーやコーチからのフィードバックを得ることも可能です。これにより、個々のプレーヤーが自己成長を促進できます。

3. トレーニングプログラムへのアクセス

インターネット上には多くの野球のトレーニング動画やテクニック解説が利用可能です。これにより、選手は自宅や練習場で効果的なトレーニングを行うことができます。昔に比べて、広範囲で多様なトレーニング方法にアクセスできるようになり、個々のニーズに合わせたトレーニングが容易になりました。

4. 遠隔地からの学習

動画を利用することで、世界中の優れたコーチやプレーヤーから学ぶことができます。遠隔地に住んでいても、インターネットを通じてトレーニングやアドバイスを受けることが可能です。これにより、地域に依存せずに高品質な指導を受けることができます。

5. 高度な分析と戦術理解

動画はプレーの細部まで鮮明に記録されるため、高度な分析や戦術理解に役立ちます。プレーをフレームごとに分析し、相手チームや自分の弱点を把握することで、より戦術的なアプローチが可能になります。

6. 時間とコストを削減できる

優秀な指導者の指導を受けるには、その場所まで行くための旅費、そこまでの時間が掛かります。しかし、遠隔での指導や動画を観て学ぶことで、それらの経費が節約することが可能になります。

 

総括

野球を動画で学ぶ時代の有効性は、視覚的な理解の促進、リアルタイムでのフィードバック、トレーニングプログラムへのアクセス拡大、遠隔地からの学習、高度な分析、など多岐にわたります。ただし、動画だけでなく、実践、経験や指導も組み合わせることが最良の学習法であることを忘れてはいけません。

レジースミス・オンラインアカデミーは非常に有効ですので下記をクリックしてご覧ください!

 

 

に投稿 コメントを残す

野球トレーニング 用品を使う有効性とは?

野球トレーニング用品は、選手たちが技術向上やパフォーマンスの向上を追求する上で欠かせないツールとなっています。これらの用品は、様々な側面から選手をサポートし、トレーニングの質を向上させる効果が期待されます。また、口頭での指導でなかなか伝わない部分がトレーニング用品の使用で効率的にできるようになります。

以下に、野球トレーニング用品を使用する際の有効性について詳しく説明します。

  1. 技術向上と正確なフォーム確立: 野球トレーニング用品は、特定の技術やフォームの向上を促進します。バッティングネットやティー、ピッチングマシンなどは、繰り返し練習を通じて正確で効果的なスイングや投球フォームを確立するのに役立ちます。これにより、選手は実際の試合でより一貫性のあるパフォーマンスを発揮できるようになります。
  2. 筋力とパワーの向上: 重りのついたバットやボール、抵抗バンドなどの用品は、筋力とパワーを増強するためのトレーニングに効果的です。これらの用品を活用することで、選手はより強力なスイングやピッチングが可能となり、ボールを飛ばす力や球速を向上させることが期待されます。
  3. 反射神経と速さの向上: 速球マシンや反射神経を鍛えるための用品は、選手の反応速度と判断力を向上させます。これがフィールディングやバッティングにおいてクイックな判断が求められる場面で重要となり、実戦において優位性を維持するのに寄与します。
  4. バリエーション豊かなトレーニング: さまざまなトレーニング用品を組み合わせることで、トレーニングのバリエーションが増えます。これにより、選手は単調な練習から脱却し、新しいスキルや戦術を取り入れる機会が増えます。トレーニングの刺激が豊富であれば、選手はより総合的な野球能力を向上させることができます。
  5. ケガ予防と身体の調整: ストレッチバンドやフィジオロールなどの用品を使った柔軟性向上や身体の調整は、ケガ予防に寄与します。選手が柔軟でバランスの取れた身体を維持することは、トレーニングや試合中の怪我のリスクを軽減し、持続可能な活動をサポートします。
  6. モチベーションと心理的な面の向上: 成功体験を得られるトレーニング用品は、選手のモチベーションを高めます。特に、リアルな試合のシミュレーションができる用具は、プレーヤーにとってよりリアリティのある状況でのトレーニングを提供し、自信と競技意欲を高める要因となります。

総じて、野球トレーニング用品は選手が練習やトレーニングをより効果的かつ効率的に行う手段として非常に有益です。しかし、用品の選択や使い方には注意が必要であり、トレーナーやコーチのアドバイスを受けながら、選手それぞれに合ったトレーニングプログラムを構築することが重要です。無理なトレーニングや過度な使用はケガの原因となる可能性があるため、慎重なアプローチが求められます。

優れた理論に効果的なトレーニング用品を使用することで、短期間で効率的な技術向上が可能になります。

『そのトレーニング ギアがあなたの野球人生を変える』