に投稿 コメントを残す

春季レジースミス・ベースボールキャンプ2024

みなさん、こんにちは!春休みが近づいてきましたね。春休みの長期休暇を利用してレジースミスベースボールキャンプ2024への参加を考えてみませんか?今回は中学生のベースボールキャンプも企画してますので、この期間で集中的に技術向上をしたい選手はこの期間を存分に有効活用してください。確実な技術向上をお約束します。


開催期間と場所:

  • 開催期間
    小学生の部:3月27日(水)〜3月28日(木)
    中学生の部:4月3日(水)〜4月4日(木)
  • 時間:10:00〜12:00
  • 開催場所: いわきグリーンスタジアム室内、いわきグリーンベース室内、アミューズパークいわき神谷店
    <参加人数によってプログラム内容の変更があります。正式に1週間前に告知>

プログラムのハイライト:

  1. メジャーリーグで最も幅広く使われている基本とテクニックを代表の滝口が直接に指導
  2. 野球選手の生命線である肩肘の故障を防ぐフォームを指導
  3. 長打力と打率の両方を兼ね備えるレジースミス理論を指導
  4. メジャー流の守備を指導

1日目:スローイング、投球、守備
10:00〜12:00
いわきグリーンスタジアム:いわきグリーンベース

  1. テクニカル指導: 正しいピッチングフォームやメカニクスを身につけるための基本的な指導が行われます。それによって故障を防ぐことが可能になります。
  2. 実践的なブルペンセッション: 実際のマウンドでブルペンセッションが行われ、投手がゲームの状況を模擬してピッチング練習を行います。
  3. 球速向上のためのテクニック: 軸足の使い方やテコの使い方次第で球速が上がります。そのために必要なドリルやトレーニングギアなどを駆使して下半身のパワーを使った投球指導をします。
  4. 制球力の指導: 正しい投球フォームを習得することで、ストライクゾーン内での正確なピッチングや球種の制御を向上させるトレーニングが行われます。
  5. ビデオ解析: 投球フォームやメカニクスをビデオで録画し、インストラクターとの相談を通じて改善点を見つけるための解析が行われることがあります。
  6. 戦術的なアプローチ: 対戦打者にどのようなアプローチをすることで、投手が有利になるかをレクチャーをします。

2日目:打撃キャンプ
10:00〜12:00
アミューズパークいわき神谷店
打撃指導内容:

  1. テクニカル指導: 打撃フォームやスイングの基本的な要素を磨くためのトレーニングが行われます。インストラクターが正しいスイングのメカニクスやバットコントロールについて指導します。
  2. ピッチングマシーンで実打: ピッチングマシーンを使用して、打撃指導のレクチャーの後に打撃練習を行います。それによって短時間に効率良くたくさんのボールを打つことで球速や球種への対応力、正確なスイングの練習が可能となります。
  3. コーチングとフィードバック: インストラクターが個々の選手に対してフィードバックを提供し、改善点や強化すべきポイントを指摘します。
  4. ビデオ解析: 選手のスイングをビデオで録画し、それを分析することで、細かい動作の改善や調整が行われることがあります。
  5. メンタル・アプローチ: 試合での正しい考え方を指導します。これによって試合で好結果を出せるように導きます。

参加資格:

  • 小学生:10人以下限定::4年生から6年生まで<令和6年の新学期より>
  • 中学生:10人以下限定:1年生から3年生まで<令和6年の新学期より>

参加費用:

  • 12,000円<2日間>

最終受付日:

  • 最終受付日:小学生の部:3月15日、中学生の部:3月27日

申込方法:
下記からお申し込みください。
カスタマーインフォメーション

お問い合わせ先: お問い合わせや疑問があれば、遠慮なく以下の連絡先までご連絡ください。

  • 電話番号: 050−1527−2994
  • メールアドレス: rsbcjpnhiro@yahoo.co.jp

お振込先

口座名義:アールエイチケートレーディング(ド
銀行名:東邦銀行
支店名:平西支店<タイラニシ>
口座番号:普通1212684
振込金額:12,000円
支払い期限:小学生の部・3月16日、中学生の部・3月28日

お振込み手続きの流れ:

  1. ご参加予定の方は、上記の振込先情報を元にお振込み手続きをお願いいたします。
  2. お振込みが完了しましたら、必ずご参加者名と一緒にメールでご一報ください。
  3. 入金確認後、正式な参加確定通知をご送付させていただきます。

注意事項:

  • 振込手数料は参加者ご負担となります。
  • 期限日までにお振込みがない場合、参加が確定しない場合がございますので、ご注意ください。

何かご不明点や質問がありましたら、下記の連絡先までお気軽にお問い合わせください。

ご参加を心よりお待ちしております。

[レジースミスベースボール:ジャパン]

  • 電話: [050−1527−2994]
  • メール: rsbcjpnhiro@yahoo.co.jp

以上、よろしくお願いいたします。

 

夢を追いかけ、未来のメジャーリーガーになる一歩を踏み出しましょう!メジャーリーグ野球キャンプ2024で

に投稿 コメントを残す

投手の球速はどこから生まれるのか?

投手の球速が重要視される時代となり、どこからパワーが生まれるのかを知りたい選手もいると思いますので簡単に解説します。

複数の要因によって生まれます。以下は、球速が形成される主な要因です。

  1. 下半身の力:
    • 投手が地面をしっかりと感じながら、脚の力を効果的に使うことが重要です。太ももやヒップの強化により、力強い踏み出しと推進が可能になります。
    • ピッチャープレートをいかに陸上選手のスタートブロックのように強くプレートを押せるかも非常に球速に大きく関わってきます。つま先でプレートを蹴るのはなく、プレートを強く押して出力を上げてから軸足を回転させて腰を回転する2段階を踏むことで、大きなパワーが生まれます。キングオブザヒルがこの動作の習得に最適です。
  2. 体幹(コア)の強化:
    • 体幹の筋力は、上半身と下半身の連携を助け、投球のパワーを向上させます。コアが強化されると、腰の回転や上半身の安定性が向上します。ヒップ&ショルダーセパレーションという下半身から上半身の捻りによって大きなパワーが生まれます。このパワーが球速の80%を生み出すと言われています。
  3. メカニクスの最適化:
    • 正確で効率的な投球メカニクスが球速向上の鍵です。腕の振り、脚の使い方、体の回転など、すべての要素が連携してエネルギーをボールに伝達することが求められます。どんなに筋力があっても効率的なフォームを見に付けていないと簡単に故障につながります。ロープトレーナーなどで正しい腕の振りを習得することが大前提となります。
      Rope Trainer
  4. 柔軟性:
    • 関節や筋肉の柔軟性は、広い振り幅や正確なメカニクスの維持に役立ちます。柔軟性が十分でないと、制動や加速が制約される可能性があります。
  5. リリースポイント:
    • 正確で一貫したリリースポイントを維持することは、ボールの軌道を安定させ、相手バッターを欺く要素となります。リリースポイントの安定性が球速に影響を与えます。パワー系投手のストライド幅は身長の約110%と言われています。その分だけボールに加速度が付きやすくなります。チャップマンやリンスカムなどは120%のストライド幅と言われています。
  6. トレーニングと経験:
    • 定期的なトレーニングと実戦経験が球速向上に不可欠です。反復練習によって筋力やメカニクスを向上させ、実際の試合でのプレッシャーに対応する力を養います。

これらの要因は複雑に絡み合っており、個々の投手によって異なる組み合わせがあります。投手はこれらの要因をバランスよく組み合わせ、個々の特性に合わせて継続的にトレーニングと調整を行うことで、より速いボールを投げる能力を発揮します。

に投稿 コメントを残す

ロープトレーナーが肩の故障を防ぐ!

先日、ロープトレーナーを購入されたお客様から、「肩の痛みが消えた」というメールを頂きました。肩関節の構造を知ることで、正しい投げ方をすることで肩の痛みから解放されることは可能です。特にローテータカフの構造を理解することが非常に重要です。
ローテータカフ(Rotator Cuff)は、肩の関節を構成する一群の筋肉と腱の総称です。これらの筋肉と腱は肩甲骨と上腕骨の間に位置し、肩関節の安定性を提供し、様々な動作において肩の正確な動きをサポートします。主に肩の外旋(rotation)や挙上(elevation)などの動作に関与します。

ローテータカフは、次の4つの主要な筋肉で構成されています:

  1. Supraspinatus(上方棘筋): 肩甲骨の上方に位置し、上腕骨の頭部と肩甲骨の棘の下を通り、外旋と肩の挙上に関与します。
  2. Infraspinatus(下方棘筋): 肩甲骨の下方に位置し、上腕骨の頭部と肩甲骨の棘の下を通り、外旋に重要な役割を果たします。
  3. Teres Minor(小円筋): 肩甲骨の外側に位置し、外旋と肩の外側への引き寄せに寄与します。
  4. Subscapularis(肩甲下筋): 肩甲骨の前面に位置し、内旋と肩の内側への引き寄せに関与します。

これらの筋肉と腱は、協力して肩関節の運動を制御し、特に上腕骨の頭部を正確に中央に配置して肩の安定性を確保します。ローテータカフの損傷や炎症は、肩の痛みや制限された動き、機能の低下を引き起こす可能性があります。スポーツや重い物の持ち上げ、反復動作などが原因で、急激な動きや長期間にわたる使用によって損傷が発生することがあります。

ローテータカフのトラブルは一般的であり、治療法には安静、物理療法、抗炎症薬の使用、そして重度の場合には手術が含まれることがあります。肩のトラブルを予防するためには、適切なストレッチや筋力トレーニング、姿勢の正しい保持などが重要です。医師や理学療法士の指導を受け、正確な診断と治療プランを得ることが重要です。

ジョン・スモルツ氏が語るロープトレーナーに語る

下記のトレーニング用品が必須!

ショルダーチューブ

Jバンド

に投稿 コメントを残す

トレーニング用品で肩や肘の故障を防ぐ時代!

肩や肘の故障を防ぐためには、適切なトレーニングと予防策が必要です。以下に、特に肩や肘に焦点を当てた野球トレーニング用品や方法について詳しく説明します。

  1. Resistance Bands(抵抗バンド): Jバンド
    • 抵抗バンドは、肩の強化や柔軟性向上に効果的です。内外転、伸展屈曲、肩甲骨の動きなどをトレーニングすることで、肩の安定性を向上させ、故障のリスクを軽減できます。
  2. Shoulder Tube(ショルダーチューブ): ショルダーチューブ
    • ショルダーチューブは、肩の安定性を向上させるために使われます。これにより、肩関節の運動範囲を改善し、投球時の負担を分散させることができます。
  3. Medicine Balls(メディシンボール): キングオブザヒル
    • メディシンボールを使ったトレーニングは、全身のコア強化やスローイングモーションのトレーニングに適しています。安定したコアは、肩や肘にかかる負担を軽減するのに役立ちます。
  4. フォーム矯正用トレーニングボール: ロープトレーナー
    • 特に投手向けに開発されたトレーニングボールは、正しいフォームや投球メカニクスを習得するのに役立ちます。これにより、肩や肘への負担を最小限に留めることができます。
  5. アイスボールやクールダウン用品:
    • 練習や試合の後にアイスボールやクールダウン用のアイテムを使用することで、肩や肘の炎症を軽減し、怪我の回復を促進できます。
  6. ジャンプロープやアジリティコーン:
    • 全身の動きや反応力を向上させるトレーニング用具も重要です。特にアジリティコーンは足の動きをトレーニングし、フィールディングやベースランニング時の急激な動きに対応する力を養います。
  7. プレートウェイトやディップバー:
    • 肩や肘だけでなく、上半身全体を強化することも重要です。プレートウェイトやディップバーを使用して、トータルな筋力を養いましょう。
  8. 専門のフィジカルセラピストやコーチの指導: レジースミス・オンライン・アカデミー投球編
    • プレーヤーは定期的に専門のフィジカルセラピストやトレーニングコーチの指導を受けることが重要です。個々のプレーヤーの身体状態に合わせた効果的なトレーニングプログラムを作成できます。

これらのトレーニング用品を使った総合的なアプローチは、肩や肘の強化だけでなく、全身のバランスとコアスタビリティを向上させ、野球での怪我の予防に貢献します。プレーヤーはトレーニング前に医師や専門家に相談し、適切なプログラムを確立することが大切です。

RHKトレーディングINC.の野球トレーニング用品や動画を是非、お試しください。